日頃ほんの少し気を付けることの大切さを再認識!

先日、奥様のご紹介でご主人が来られました。

症状としては、肩の痛みで腕が上がらない状態でした。
症状としてはよくある状態だったのですが、とても印象に残ったことがありましたので、皆さんにも是非知っていただきたいと思いました。

当院に来ていただいた場合、最初全身の歪みをチェックさせていただきます。

現状ではどのような状態なのか知っていただくために、動きにくい方向なんかを指摘させていただいたりしています。

さてこのご主人ですが、肩にトラブルがある場合、肩だけでなく、骨盤や股関節といった所も多かれ少なかれ問題があるのですが、全体的にとてもバランスがいい状態でした。

これが私には、「???」でした。

肩の問題を程無く解決し、最後に説明をさせて頂いた時に(当院では、最初に来られたときの現状となぜその症状が出てきているのかを一通り説明させていただいています)、とても歪みが少ないですねと申し上げると、

「いつも上から引っ張られるように姿勢をただし、大股で歩くように心がけ、階段は一段飛ばして登っています。」

と言われました。

私の「???」が解けました!!

ご本人曰く、「太らないように少し気を付けるため、良いと言われた事を少ししているだけです」と。

この上から操り人形のように引っ張られる気持ちでからだを真っ直ぐにする姿勢は、肋骨を引き上げ、腰が伸び、内臓の下垂も防ぎとてもからだには良く、さらに大股で歩き階段の一段飛ばしは骨盤を真っ直ぐに保ち、姿勢に大きく関わるインナーマッスルで ある大腰筋を働かせ、姿勢の維持には理想的な方法です。

猫背や下腹がぽっこり等、姿勢、骨盤の歪みが気になる方には是非実践されるといいと思われるものです。
(もちろん、歪みがひどい場合は簡単ではないでしょう、歪みがどのようになっているのか専門家にみてもらい、的確なアドバイスのもと行ってください)

からだの歪みは日常生活の習慣によりだんだんと出てきます。
からだを整えてもすぐに戻ってしまうのは、今までと同じ習慣でからだを使っていてはまた元通りになってしまいますよね。

毎日ほんの少し気を付けることの大切さを再認識した日でした。