からだを真っ直ぐにする?

よく姿勢を正しましょうと言われますね。
一般的に見ていい姿勢をしていれば、果たして本当にいいのでしょうか?

もちろん本当にいい姿勢であればいいのですが、見た目にだけいい姿勢を無理にしようとすることに問題がある場合があります。

自然に無理の無い姿勢をすると、からだをどちらかに向けたり、曲げたりしている方が楽なのに、無理にいい姿勢しようと、さらに歪みを引き起してしまっているかも知れません。

例えば、右肩が下がっていると、下がった肩だけ上げればいい、といった単純な事でおさまらない事が多いと思います。下がった肩を上げれば見た目には揃っていていい姿勢に見えますが、からだの内部は真っ直ぐではありませんね。

無理にどこかの筋肉が引き伸ばされ、それが痛みに繋がっているかも知れません。

当院でも、「首が傾いているので真っ直ぐにしようと心がけています」と言われます。でも、私は、「首が傾くのは首だけの問題ではありませんので、首だけ真っ直ぐにしてもだめですよ」とお伝えします。

歪んだまま、とにかく真っ直ぐに近い状態で日常生活を送っていれば、どこかに痛みやコリが出てきても不思議はありません。

見た目にいい姿勢でもからだの内部は歪みだらけかもしれません。ですから、猫背だからと胸を張りなさいと言われても歪んでいれば、しんどくて続けることができませんよね。

からだ全体のバランスを見て取り、ほんとうのいい姿勢が出来ればからだは悲鳴を上げることはないでしょう。

無理に一部分だけからだを修正して、しんどくなっていませんか?

当院は、どんなときもからだ全体を整えることによってからだの不調を解決できると考えていますので、からだ全体を見させていただき、からだ全体を整えて行きます。それが、不調から脱出する為の、結局は近道だと考えています。