本当に骨が問題?

腰痛や首の痛み、股関節の痛みなどなど、痛いと訴えられ病院に行くとレントゲンを撮られ、この骨が曲がっているからとか、骨と骨の間が狭くなっているからとか、骨がどうのと言われ、シップや牽引、電気治療を受けてもなかなか改善しない方も多いようです。

はたして、本当に骨だけが問題で痛いのか疑わしい事が少なくありません。

とういうのも、当院に来ていただいている方でも、病院で骨がどうかなっていて、それが問題でと言われ、なかなか改善しなかった方、からだを見させてもらうと、骨の際にとても硬いしこり等があったりして、それを緩める整体を行うと痛みがなくなることが少なくないからです

骨がどうのと言われ、何かとてつもなく悪い状態だと思ってしまわれていても案外骨を取り巻く筋肉群の問題かも知れません。

もちろん、なにか病気の初期症状かも知れませんし、きっちりとした診断を仰ぐことはとても大切ですが、レントゲン結果だけでろくにからだを触れられもせず、痛みが変わらないとか再発を繰り返すなど、何か違うのではとからだが感じられたら、整体を受けられてみるのもいいと思われます。

ただ、整体にもいろいろありますので、しっかりとからだ全体を見て、筋肉の問題、歪みを取り除いてくれる所をお薦めします。

最近、このような方が続き、選択肢としてこういうのもあると知っていただきたいと思い、みなさんにも一考になればと思います。