夏こそ冷えにご注意!

当院では万病の元「冷え」を解消することも大切な要素として訴えていますが(詳しくは当院のホームページをご覧ください)、夏こそ冷えがつくられ、秋以降の体調に関係していることを知っていただきたいと思います

冬は寒く冷える事を実感されるので、皆さん一生懸命温めようとされますが、夏は暑いので冷えに対してとかく無防備になりがちです。

夏は、冷房のきいた室内で過ごし、冷たい飲み物やからだの冷える食材が多くなり、からだの外から内から冷やすことが多くなります。
そして、からだを温める入浴もシャワーで済ませてしまいがちになりますね。
現在の生活では夏に冷えが蓄積され、その冷えが年々蓄積されていきます。

冷房のきいた室内と外気温の差が大きいと自律神経が乱され、体温調節が上手く出来なくなり、汗で排出すべき水分をからだに溜め込み、さらに冷える体質になってしまうことにもなりかねません

夏に溜め込んだ冷えが秋以降の体調に関わってきますので、夏こそ冷えに十分注意して、毎日しっかり湯船に浸かり、その日の冷えはその日に取り除き溜め込まないようにしましょう!