膝の痛み。

膝に痛みをかかえていらしゃる方多いと思います。
膝が曲げられない、膝の外・内側が痛い、膝全体が痛い、膝に水が溜まる・・・

膝に痛みがある場合、膝のお皿(膝蓋骨)が硬く動かない(これは年配の方に多いです)
膝から下の骨、すねの骨(脛骨)や腓骨がねじれていることもあり、膝自体に問題がある場合もありますが、それとあわせ多いのがももの筋肉に問題がある場合です。

この場合ですと、膝をあたためたり、シップを貼ったり、膝に良いとされるサプリメント等をとっても改善が見込めないでしょう

ももの筋肉の調整と、もちろんそれが引き起こされる骨盤の問題も整えると痛みがなくなります。

膝に水が溜まっていても、その辺りを解決すると比較的早く、水が溜まらなくなってきます。

膝に水が溜まり水を抜くと癖になると聞かれる方も多いと思います。
当院に来られる方もよく言われますが、癖になるのでは無く必要があり溜まるのであって、水が溜まらなければならない原因をそのままにしていて、それを注射で何度抜いても溜まるのは当然ですよね。

先日来られた方は膝に水が溜まっていて曲げにくい、痛い、膝から下にしびれを感じていらっしゃいました。

私がこの方にしたのは骨盤の調整とももの調整で、膝自体はほとんど触っていません。

3回目ぐらいから膝の水もほとんどなくなり痛みもなくなって来ました。

膝の問題も膝だけに焦点をあてていては解決できない場合が少なくあ
りませんよ!