肩の痛み・四十肩・五十肩

当院に来られる方でも、手が挙げられないとか、じっとしていて何か物を取ろうとした瞬間痛みが走るとか、座っているだけでだんだん痛だるくなってくるとか、所謂、四十肩・五十肩と診断された方もいらっしゃいます。

そこで、電気をあてたり、注射やシップをしてもなかなか改善されなかった方も多いようです。

多い原因は、やはり肩や肩甲骨周辺の筋肉の拘縮です。
(ある整体の先生は癒着と言われていますが)、原因となる筋肉に適切に刺激を加え、その固まりを取り除かなければ痛みは取り切れません。

手が挙がらない期間が長い場合は、脳の働きに制限が加わっているかも知れません。
そんな場合は、そちらへの働きも必要となってきます。

先日来られた方は四十肩・五十肩で手が挙がらず、電気やシップを続けたけれどもよくならなかった方が、その場ですっと上まで挙がるようになられました。

びっくりされていましたが、問題をしっかり捉えていれば難しいことではありません。

どうぞ、肩の痛み・四十肩・五十肩でお悩みの方で電気をあてたり、注射やシップをしてもなかなか改善されない場合は整体を受けてみてください。

但し、ちょっとしたマッサージ程度の整体では改善されないかもしれませんので、適切に原因となる筋肉を調整しましょう!