少しのずれ。

骨盤や膝、肩、肘などもそうですが、ほんの少しずれている状態で痛みが続く事が少なくないようです。

 

骨盤のずれはいろんな所に痛みを感じさせますし、そのずれもほんの些細な事、例えばちょっと尻餅をついてから痛みが出てきておさまらない。
通常、ちょっと打った打撲程度なら1~2週間もすれば痛みはなくなりますよね。(ちょっと打った程度でも骨折やヒビの可能性もありますので、もちろんしっかり受診されることをお薦めします)

でも、数週間経っても痛みがおさまらない場合、関節にわずかなずれが残っている可能性があります

レントゲンで異常なしと言われても痛みが残っている時も、わずかなずれがある場合があります。

足を踏み出す動作や靴下を履く姿勢で痛みが出る、少し手を捻る時手首が痛い・肘が痛いなどその痛みは打ったからしょうがないと諦めるのは早いかもしれません。

当院に来られる方も、いつも痛かったと言われるのがわずかな操作で楽になられる事があります。

骨盤のずれを正すのにわずかに触れているだけでしばらく押さえている、

そして痛みの動作をしてもらうと痛くない・・「なんで???」

手首の痛みが、手首を握りくるくる回したり、肘を掴み捻る、

そして、動きの動作をしてもらう・・「なんで、これぐらいで???」

キツネにつままれた様な顔をされますが、わずかなずれを修正するだけで劇的に痛みは消えます。
それはずれていると思われる理由を見定め、その所を修正する操作をしているだけで、難しい事をしているわけでも何でもありません。

 
どうぞお早くわずかなずれを修正しましょう!

諦めている痛みもわずかなずれが原因かも知れません、それを長引かせると、その周りの組織がダメージを追い簡単ではなくなる事もありますよ。