膝下外側の痛み・しびれ。

膝下外側の痛み・しびれがあると、まず、腰や股関節などから来ていて、レントゲンを撮られ、腰椎や股関節からの問題と言われる事も多いようです。

当院に来られた方も、股関節に問題があり、腰痛もある事から腰椎と股関節からの問題とされ、電気、シップ、マッサージをし、足を鍛えるよう言われ、その方は一生懸命取り組まれました。

しかし、痛みはおさまらず、だんだんしびれが酷くなってきて当院に来られました。

腰も股関節も稼動域が悪く、筋肉はコチコチでした。

そして、膝下外側も随分硬く、これが原因と判断し、特にその部分の筋肉を緩めるようにしました。

聞けば、鍛えるように言われたので、足に重りを付け上げたりしていたとのこと。

この原因をさらに悪くしたのはその運動でした。

その運動をすることにより、膝下外側はどんどん硬くされ、元々、その辺りに体重がかかりやすく負担を強いられている所にさらに負担がかかったのです。

筋肉は硬くなると血流が悪くなり酸欠を起こし、しびれます。立っているとだんだん痛みが増ししびれると訴えられていました。

膝下外側に負担がかからないよう、股関節、腰の状態も整え、からだの全体のバランス良くしていかなければ、すぐに固まってしまいます。

随分その硬結を緩めるのに回数がかかりましたが、原因がわかればご本人も安心され対処の仕方もわかってこられるので、時間はかかりましたが状態は少しずつ改善し、痛み・しびれは無くなりました。

良いと言われしていた運動でも、痛みが増したり、痛みを我慢しながらする体操は考えものです