関連痛とは。

前々回に筋筋膜性疼痛症候群(MPS)について書きました。

そこで、MPSを引き起こすトリガーポイント(痛みの元となるしこり)、トリガーポイントの特徴のひとつとして「関連痛」を引き起こすという現象があります。

これは痛んでいる場所に原因となるしこりが見あたらず、痛む場所とは離れた所に原因となるしこりがあるという現象です。

痛むところに原因がない場合は、どんなに痛むところの治療を受けても改善しないのです。

痛い所をいくら気持ちよくマッサージされてもよくなりません。

例えば、

×印がトリガーポイント  赤い所が関連痛

よくある肩の痛みですが原因は痛い所、肩にはないのです。

いかがですか、肩にシップを貼っても注射しても痛みが引かない理由、おわかりいただけたでしょう!