前かがみやおじぎをすると痛む。

よく前かがみや おじぎをする時に腰が痛むと言われます。

こんな場合、うつぶせに寝てもらい腰を押圧すると痛みがそれ程でもない事が多いです。

これは、腰に問題があるのでなく、多くは腸腰筋という、お腹と足(下肢)を結ぶ、腰から股関節に、骨盤の内側にあるとても重要筋肉群で、からだを支える役割がある筋肉に問題があるのです

慢性的な腰痛持ちの方、スポーツ選手の腰痛なんかも、多くはここに問題があります。

前かがみやおじぎをする時に痛む方、問題は骨でなく、この腸腰筋かもしれません。

当院にも腰が痛いから腰をマッサージしても楽にならないと言われて来られます。
この腸腰筋を調整すると楽になられます。そして、そんな所を調整されたの初めてですと言われます

長い間腰痛を抱えていらっしゃる方、この腸腰筋の調整を受けてみてください!