肘の外側が痛い。

今年最初の整体日記となります。皆様今年もよろしくお願い致します。

肘の外側辺りが痛いと来られる方も少なくありません。

肘から下には2本の骨があります、外側にある橈骨と内側にある尺骨。この2本の骨は開きやすいのです。

開くとどうなるか?

肘周辺が凝りやすくなります。それによって痛みが出てくるのです。

この2本の骨を締めると痛みがなくなります。

これ以外にも、肩にも問題があったり、橈骨のねじれなどもあります。

このような場合、いくら電気をあてたり、シップを貼っても痛みは取れませんね。