トリガーポイントから引き起こされる症状。

当院では、トリガーポントにも注目していますが、トリガーポントから引き起こされる様々な症状を「筋筋膜性疼痛症候群」といい、痛みやこりだけでなくたくさんの症状があらわれます。

それには、

  • 痛み・凝りはもちろん
  • しびれ感(ジンジンする、ピリピリするなど)
  • 感覚の麻痺
  • 感覚の異常(味覚、聴覚、触覚、視覚など)
  • 筋力低下
  • 関節の可動域制限
  • 自律神経失調症状
  • 気分の落ち込み、感情の乱れ

などがあるといわれています。

耳鳴り、手足のしびれ、頭痛、喉のつまり、息苦しいなど。

筋筋膜性疼痛症候群(MPS)の事を知らないと、別の症状として診断されてしまう事もあるようです。

筋筋膜性疼痛症候群が別の症状とされる可能性、

  • 狭心症⇒斜角筋、大胸筋などのトリガーポイント
  • 不整脈⇒右の大胸筋のトリガーポイント
  • 虫垂炎⇒小腰筋のトリガーポイント
  • 頻尿・尿意切迫・残尿感⇒下腹部 諸筋のトリガーポイント
  • 耳鳴り⇒咬筋のトリガーポイント

があるようです。

しっかりと診断を受けることは大切ですが、原因不明、骨の問題(構造)とされなかなか良くならない時はこのトリガーポイントを疑ってみてください。