寝ていると肩が痛い。

寝ていて肩が痛くて目覚める、または、寝起きが一番痛みがひどい、と言って来られる方も少なくありません。

その他に、

  • ズボンの後ろポケットに手を回すと痛む
  • ドレスの後ろのファスナーを上げられない
  • 上腕がひりひりするので服を着るときは最後でなく最初に袖を通さないといけない
  • 後ろ向きに手を伸ばすと痛む

などと言われます。

こんな場合五十肩などと言われた方もいらっしゃいます。

そして、寝ている間、痛い方(ときには背中も)を下にして寝ることが出来ない、
楽な方に寝ようとして反対側を下にしても、痛い場合もあります。

原因となる所はいくつかありますが、肩甲骨の所にある棘下筋という筋肉に問題がある事が多いです。

 棘下筋を押すとかなりの痛みを感じられ、そして、普段そんな所が痛いなんて感じませんでしてと言われる事が多いです。

寝ていて肩が痛むのはその辺りを持続的に圧迫されたり、引き伸ばされたりする状態が続くからです。

どうですか、思い当たる所がありません?