踵(かかと)の痛み。骨にとげが・・・?

朝起きた時足をつけないなど、踵の痛みを訴えらる方も多いですね。

多いのは足底筋膜炎、足底筋膜はかかとのしたから指までをつないでおり、歩く際やランニングによる衝撃を和らげる働きをしています。この部分に炎症が起きてしまう状態です。

そして、加齢とともに出てくる骨にとげ、骨棘ができそれが痛むなんて言われる方もいらっしゃる。

ある方は、そのとげを削らなければ痛みは治まらないなんて言われ、とても悩まれたりしていました。

からだのバランスが悪く、体重が偏り一方にストレスがかかり易くなって起こることもあります。

この場合は、からだの歪みを整えバランスを戻せば改善しますね。

さて、問題は骨にとげができた場合は痛みは治まらないのでしょうか?

・・・・・いいえ、そんな事はありません。

骨にとげがある方で痛みがない方もいらっしゃいます、痛いからレントゲンを撮ると骨にとげがあると言われそれが問題とされるのです。

当院に来れれた方も踵(かかと)の骨にとげができ、そのままでは痛みは治まらない、運動もしてはいけない

と言われ、悩んで来られました。

骨にとげ(骨棘)ができるのはかかとに限らず起こります、腰や首、膝などもそうです。

そんなすべてが痛みどうしようもないのでしょうか?

そんなことはありません、踵(かかと)の痛みを訴えられた方は、ふくらはぎに問題があり、そこを調整すると足をついても痛みがなくなり、朝起き掛けの痛みもなくなりました。

 

骨のとげ(骨棘)が問題と言われた方々、どうぞ諦めないでくださいね!