加温生活 「ヒートショックプロテイン」があなたを健康にする。

以前にもヒートショックプロテインについてこの日記(お風呂の温度は体温プラス2℃くらいが良い訳。)で書きましたが、わかりやすく解説され、その入浴方法も書かれている本を紹介します。

生活にも取り入れやすくお金もかからない、「ヒート・ショック・プロティン)」入浴法をぜひ試してみてください!

            加温生活 伊藤要子著

~抜粋~

 「加温」。体を温めるというのを一歩進めて、体に熱を加えることです。これが健康な体を作ります。なぜ、体を健康にするのでしょうか? その理由は「ヒートショックプロテイン」というタンパクにあります。「加温」をすると、この「ヒートショックプロテイン」が増え、病気になっていたり、病気になりそうなタンパクを修復するのです。   そして、この「加温」は日々の入浴でできることなのです。医療の現場でも行なわれている「加温」を日常生活に応用したのが「ヒートショックプロテイン入浴法」です。  週に2回、この「ヒートショックプロテイン入浴法」で入浴するだけで、精神的にも、肉体的にも元気がなかった体が元気になり、病気知らずの体になるのです。試合や試験で、ここ1番の力を発揮することもできます。豊かで健康な人生を「加温」そして、「ヒートショックプロテイン」と歩んでいただくための一冊です。  また、「加温」そして「ヒートショックプロテイン」は民間療法ではありません。世界中で多くの研究者が研究をし、医療の現場でも注目されているのです。

「ヒート・ショック・プロティン」入浴法。

42℃のお湯なら、途中休んでよいので、10分つかる。

41℃のお湯なら15分。

40℃のお湯なら20分入浴する。

入浴後、布団、サウナ・スーツなどで、15~20分程度、体の保温を保つと、さらに効果的。水分補給も忘れずに。

この方法では、2日後ぐらいにHSPが最大となるので、週2回ぐらいが効果をより効率よく発揮できるようです。

それ以外の日は、ぬるめのお湯でゆっくり入り自律神経を整えてみるのがいいのではではないでしょうか。