膝痛(階段を昇る、降りるで膝が痛む)

階段の昇り降りに膝が痛いと言われる方も多いですね。

昇る時に痛い場合と降りる時に痛い場合があります、その両方の方もいらっしゃるでしょう。

こういった場合も膝自体(膝の関節や軟骨など)に問題がないことも少なくありません。

階段を昇る時に痛い場合は、もも前面の股関節よりやや下あたりが原因で膝に痛みを感じるのです。
階段を降りる時に痛む場合は、もも前面の真ん中あたりと膝裏の下あたりに問題があり膝に痛みを感じるのです。
そのあたりを調整するだけでも痛みは緩和されますが、そういった所に負担がかからないようにからだのバランスを整えることも同時に必要です。

膝の痛みでお困りの方、骨や軟骨だけが問題ではありません。

たとえ構造上に問題があっても筋肉を整えると痛みが緩和されることも多い事を知っていただき、注射やシップ、電気をあてても状態が好転されない方は是非試してみてくださいね!