横向きに寝ると肩が痛む。

横向きになると肩が痛くなり、上向きでしか寝れない。じっと座っていると肩が重怠くなって来て、痛み、しびれが出てくるとご紹介で来院。40代 男性

寝ていると肩の痛みで起きることもあるそうで、じっとしていると肩に痛みが出て、動かさないといられないそうです。

まずは身体全体をチェック、大きな歪みはないようです。

しかし、からだ全体は硬く、足首も硬い、そして、やはり、肩周辺はこの状態でよく我慢されて来たなぁと思うくらいの硬さでした。

腕を上げてもらっても耳の横に腕がつかず、肘が曲がり、開いた状態でしか上に挙がりません。

肩甲骨の内側は、肩口から硬く盛り上がった状態です。指で押さえても筋肉の弾力が感じられません。

これでは痛みやしびれが出てもおかしくありませんね。

筋肉の硬結は痛みやしびれの元になります。

足首を緩め、骨盤を整え、肩周辺を丹念に緩めました。

でも、ご本人はあまり変化を感じられない様子、そうですよね、これだけの状態、感覚も相当鈍くなっていると思われます。

3回目辺りからやっと、筋肉が緩む感じが出てきました。

首の可動域もかなり出てきました、はじめはほとんど上も向けなった。

5回目、日常でもアドバイスした事をされ、緩まる速度が早くなってきました。

痛み・しびれのポイントとなる部分を調整。

そして、横向きに寝てもらうと、痛みが出なくなってきました。

(当初は、横向きになるとすぐに痛みが再現される状態でした)

「何かした、なんか魔法みたい?」「なんでこんなので楽になるの?」

当院で行う整体は、グイグイ揉んだり叩いたりしません

じっと押さえたり、くるくる回したりするだけですので、それで筋肉が緩んだり、痛みが取れたりしますから不思議なんでしょうね

まだまだ硬さがありますので状態が戻る事が予想されます、続けてからだを良くして行きましょうとお話しました。

日々繰り返される動作や姿勢が症状に繋がります。

定期的なチェックもとても大切ですね。