“健康常識”はウソだらけ。

免疫力アップがすべてのポイント!  “健康常識”はウソだらけ   (WAC BUNKO) 奥村 康 (著)

免疫力アップがすべてのポイント! “健康常識"はウソだらけ (WAC BUNKO)

免疫学の国際的権威、奥村教授の本です。

●血圧もコレステロールも高くて大丈夫!

●ダイエットも粗食も体に悪い!

●薬を飲むほど病気が治りにくい!

●アンチエイジング治療は危険が大きい!

●ちょい太めの人のほうが長生きする!

●ちょい不真面目な人は病気にならない!

中高年になると気になる高血圧やコレステロール、今の常識は本当に身体にとってどうなのか?

血圧が高ければ薬、コレステロールが高ければ薬、どのくらいが下げる必要があるのか?

健康にはストレスがやはり大きく関わっています。

一考になると思いますので参考に挙げさせてもらいます。

それと、薬漬けになっていると言われる昨今。

1994年に刊行された『ドクターズルール425』という本をあげておられ、
これはアメリカの医学部長などを歴任した医師が、医師のための心得集として 出した425のルールをまとめたもので、

そこに「可能ならすべての薬を中止せよ」 と記載され、
「それが不可能ならば、できるだけ多くの薬を中止せよ」と続いています。

さらに「老人のほとんどは服用している薬を中止すると体調がよくなる」とも書かれています。

必要な薬ももちろんありますが、考えなくてはならない事だと思います。