肩甲骨まわりの痛み。

肩甲骨周りの痛みと背中のハリ、最近腰も痛くなって来た。 40代 女性

パソコンの作業が多く、慢性的なコリ感は何年も前からある状態で、腰の痛みも出て来たのでと来られました。

からだ全体をチェックすると、からだの歪みはもとより、特に左の肩口と肩甲骨の内側に骨かと思われるような硬い塊がありました。

押さえると何とも言えない感覚(痛みと共にイヤな感じ)がすると言われ、肩を回すとスームズに回らず、ある箇所に来るとガクンなる感じでゴリゴリと音もします。

腰の方は、痛みの原因と思われる右臀部にも塊があり、押すと電気が走るような感じと言われました。

相当な状態であるにもかかわらず、ご本人は日常での痛みやコリ感を現状のからだの状態ほど感じてられません。

慢性的になりすぎて感覚がかなり鈍化されているようで、よくここまで我慢されて来たなあと思いました。

特に左の肩、肩甲骨は筋肉が骨と思われるほどの硬さ、これは容易ではありません。

とにかく、問題となる塊を緩め、関節・からだの動きを良くするよう調整しました。

2回目(2日後)、痛みが残ったがなんとなくラクな感じで姿勢により痛みが出ると言われました。

3回目(6日後)、良い日と悪い日がある状態。でも、臀部の塊を押すと電気が走るようなのはなくなり、気持ちの良い感覚に変わってきました。

4回目(10日後)、からだ全体がラクで調子がいいと言われました。

肩の塊はまだ十分に緩んでいませんが自覚される痛みや違和感はかなり軽減し、ご本人の申し出により、放っておけばデスクワーク中心ですぐにかたまると自覚され、その後は定期ケアとして2週間に一度程度来院されています。

状態の割には早く自覚される症状がおさまりました、でも、ご本人にもお話しましたが肩に出来たトリガーポイントは容易でなく日々のケアも大切な旨お話しました。

こういった塊は少しの動作や姿勢で状態が変わり易くなり、揉み込んでしまうと余計に硬くなります。適度に刺激・動きを加え筋肉を再生していかなければりません。