手のしびれ、肩の痛み。

以前腰痛で来られていた50代 男性。手がしびれ、寝ていると肩の痛みで目が覚める。運転中特にしびれがきつくなると言われ来院。

右肩を下にして寝る事が多いとのこと。肩のトラブルを抱えていらっしゃる方に多いのが、どちらかを下にして寝る癖があるといわれます。多くの場合、下になった肩に問題が起こります。四十肩・五十肩の方にも多いです
肩・首周辺をチェックします、肩口と肩甲骨周辺が随分硬くなっていました。ご本人は肩甲骨内縁を押されると違和感を感じられました。

肩甲骨の棘下筋を押すと激痛を感じられ、寝ている時の痛みはこれが問題とわかりました。

棘下筋

肩のトラブルに多い筋肉です。これだけかたまっていれば寝ていて下敷きになり圧迫を受け痛みがでます。

しびれは特に肩口の筋肉の問題でした。

丹念に緩めるように調整すると、3回目に来られた時には随分しびれる感覚の回数が減り、夜痛みで起きる事はなくなったといわれました。

腕・指のしびれ、肩の痛みでお悩みの方、首の牽引、電気で快方に向かわない方、頸椎やヘルニアの問題ではないかもしれません、原因がわからないと言われた方も、原因箇所はここかも知れません。