育児中の背中の痛み、腕の痛み。

出産後、育児で腕を酷使し、背中が痛み、動かすとビリビリする感じ、クシャミをしても響き、腕も怠重いと来られました。

このような方も少なくないですね、手首が痛み腱鞘炎と診断された方なども。

(手首の痛みは手首だけの問題ではありません。)

そのような方は病院ではシップや薬、注射が主な対処方だと思われます。

毎日24時間体制で育児をされ、日に日に大きくなられるお子さんを抱っこしたりで腕が酷使され、首や肩、肩甲骨も相当疲れ果て、しんどい思いをされているお母さん方。

来られたこの方は、特に肩甲骨の内側に問題箇所が出来ており、当初少し押さえるだけでもビクッとなるように痛みを感じられるほどの状態でした。

週一回のペースでだんだんと緩和され、5回目辺りで随分痛みやビリビリ感もなくなってきました。

一番の問題箇所は肩甲骨の内側ですが、首筋、脇、腕にも問題がありますのでその辺りも整えなければなりません。

そして、利き腕、使い勝手の問題からからだの歪みが相当出てきます、その辺りも整えて行かなければからだの負担がある箇所に増すばかりとなり、違った痛みや問題が現れる事になります。

この方も、肩が左に下がり、骨盤は逆に左が上がりからだの歪みも出て来ています。

日々のことになりますので、また筋肉も凝り固り、歪みが出てきます。

出産も大変ですが、育児も大変です、お母さん達は24時間体制で休みなしです、どうぞご主人、辛い思いをされている奥様方にからだをケアする時間を!