腱鞘炎、手根管症候群の元は?

腱鞘炎、手根管症候群でお悩みの方へ。

タオルを絞ったりドアノブをひねる動きなどで痛みが生じたり、しびれたりや腫れるといった症状で、中年以降の方によく見られる症状です。

また、手をよく使う職業、育児中のお母さん方も、腱鞘炎・手根管症候群で悩まれている方も多いですね。

シップや痛み止めの薬でもあまり改善されない場合は、首の問題を解決しなければなりません。

上記の図の、×印が問題となり、赤い所に痛みが拡がります。

いくら痛い手首などにシップをしても問題となる箇所ではないので痛みはあまりましになりません。

痛い所だけマッサージしても良くならないと思われている方、

全体を整え、胸の筋肉、首、肩、肩甲骨辺りも整えないと楽にはならないのです。

患部と違う所を調整するので痛いのは手首ですとか言われますが、一通りを終えると痛みが軽減するので「不思議な顔」や「うそみたい」なんて反応をされたりします。

そんな時は、こちらも思わず笑みになります。

シップや痛み止めの薬でよくならない、薬に頼りたくないと思われる方、首に注目してください!