右腰の痛み、膝外側しびれ。

2週間ほど前にゴルフをしてからきつくなってとご紹介で来院。50代 男性

右腰から足、膝外側辺りが立っているとじわじわズキズキと痛み、杖をついている状態と言われました。

骨盤が傾き、足の左右差もかなりあり、膝下外側から足首まで随分硬くなっています。通常、このように腰痛と足の痛み・しびれを訴えられるとヘルニアとか坐骨神経痛などといわれると思われます。

でも、こうような場合はやはり、骨盤の重要な関節、仙腸関節付近に出来たトリガーポイント(痛みの引き金となる筋肉のしこり)と膝下外側(脛腓骨間)にできたトリガーポイントが原因になることが多いです

初回、その辺りを調整、仙腸関節の動きを良くし、膝下外側のしこりも十分緩め、骨盤の傾きを整え、足の左右差をなくし、足に体重が均等にかかるようにしました。

立ってもらうと体重が均等にかかっているのを自覚されます。

(骨盤が傾き、足の左右差により、片方の足に体重がかかり、トラブルを引き起こしていることが少なくなりません。)

2回目(1週間後)、腰の痛みも、足の痛み・しびれましですと言われました。

同じように調整し、

3回目(6日後)、腰は痛いというより怠い感じ、2日前から杖なしで立て、立つのも楽に。膝を曲げると痛かったのが問題なくなったと言われました。

トリガ-ポイントは何かの拍子に眠っている状態から、火山の爆発のように活性化されることがあります。

今回はその状態だったと思われます。膝下外側(脛腓骨間)の硬さは、随分経過していたと思われる硬さでしたので。

原因となる筋肉がわかると、激痛やしびれでもうそのように取れることがあります。しかし、その方の姿勢・習慣的な動作、筋肉の質により、またからだが戻ろうとする力が強いと回復するのに回数を要することもあります。

同じような症状でも回復される過程は人それぞれですね。