「慢性痛の8割は筋肉の痛みが原因だった」

本      「慢性痛の8割は筋肉の痛みが原因だった」

慈恵医大ペインクリニック診療部長、北原雅樹先生の著書です。

「慢性痛の8割は筋肉の痛みが原因だった」では残りの2割にはどういうものがあるのか?

リウマチ・痛風・仮性痛風・・・・・・・これは自分で体内に炎症を起こす物質をつくる。繰り返される急性痛ともいえる。

帯状疱疹後神経痛、幻肢痛

ガン性疼痛。感染症

骨折の痛み・・・・骨折+MPS

半月板、腱板損傷の痛み・・・・半月板、腱板の損傷+MPS

損傷の治療と痛みの治療は別問題。損傷が治ったからといって痛みが治るとは限らない。

「今の日本の医療では慢性痛患者を救えない」

特殊な筋性慢性痛として、線維筋痛症、CRPS

慢性痛の8割は筋肉の痛みが原因だった
上記は以前に掲載されました、加茂整形外科医院 加茂先生のブログからです、お悩みの方々に参考になると思います。

当院にもヘルニア、脊柱管狭窄症、坐骨神経痛などと診断を受け、検査の結果、激痛にもかかわらず異常なしといわれたなど、困られている方々が来られます。

多くの場合、原因を探っていくと筋肉に問題があることが判明します、原因がわかれば痛みが激変する場合もあります

ここで、する場合もありますと書きましたのは、その方の状態により回復度合いが一筋縄ではいかない場合もやはりあるからです。

筋肉だけでなく、ストレスなども多いに関わって来るからです。

その方の筋肉の状態、それまで何をされて来たか、日常の動作・習慣にもよるからです。

でも、諦めず筋肉に目を向け、筋肉を整え、からだの歪みを正し、筋肉のアンバランスのないからだにしていきましょう、そうすればからだは元気になっていきますよ!