骨盤の歪み?利き足と軸足。

足にも手と同様、利き足とその反対の軸となる足があります。手の事は気になり、利き手だから・・・・とか利き手じゃないので・・・とか言われたりしますよね。

利き足は最初の一歩を踏み出す方の足であったり、何かにつけ先に動かしたり手と同様使い勝手のいい方です。

反対に軸になっている方の足は、利き足を動かすので支えになっていることが多く、いつも体重が乗りやすく、からだにとって負担がかかっていることが多いです。

手と同様、右足が利き足の方が多いです

そして、皆さんが気になる骨盤の歪み、この利き足と軸足からによる歪みは、多くの場合あおむけになって足先の開き具合を見ると、右足が開いていて、下がり気味です。

軸足(多くの場合左足)は負荷がかかり易い為、トラブルを起こすことが少なくないようです。

当院では最初にからだ全体をチェックしますが、その時に左の殿部(おしり)が出ていて、普通に立たれても右足が自然と前に出ていることが多いです。

からだにとってはやはり、左右対称にバランスよく使えることが良いですし、筋肉のアンバランス、姿勢の歪み、痛みやしびれを起さないからだの為にもあえて使い勝手の悪い方を動かすのは良い事ですね。

この利き足・軸足による骨盤の歪み、骨盤が歪んでいるとやはり足や腰、背中・首からだ全体に影響します

もちろん、当院に来られている方は毎回骨盤の調整をしていますが、その歪みを矯正する体操がありますので、セルフケアとしてお伝えしていない方はお聞きくださいね。