腰が痛く歩行困難、腰が伸ばせない。

運動時捻った、それから激痛で整形外科を受診、骨に異常なし、筋を痛めたと言われ、痛み止めとシップをもらった。歩行困難で腰も伸ばせないのでと、ご紹介で来られました。30代 男性

歩くのも辛そうで、腰は伸びずややかがんだ状態です。腰の痛みは全体に感じると言われました。

出来る範囲の動作をしてもらい問題箇所を確認しました。この方のように、痛みで立ち座りができにくく、寝返り等も出来ない状態で来られる場合がありますので 、立った状態である程度問題箇所を見極めます。

いわゆるぎっくり腰ですね。

この方の問題箇所は骨盤の関節(仙腸関節)と大腰筋が主な所でした。ぎっくり腰なので腰の骨に問題があると思われる方が多いと思いますが、そうでないことも多いです。(この方はレントゲンを撮られ骨に異常がないとはっきり診断されています。)

その辺りを調整し、ベットから立ち上がっていただくとからだが真っ直ぐに伸びました。付添でこられた方が、「真っ直ぐ立ててる!」と思わず言われました。

そして、歩いていただくとかなりスムーズに歩かれました。

ぎっくり腰の場合、痛みの元になっている筋肉等の損傷があっても、骨盤や大腰筋などの筋肉群を整え、腰にかかる負担を減らすと、動けなかったのが楽に動かせるようになります

後は、腰や骨盤、筋肉群の調整をきっちりし、損傷が早期によくなるようにします。ぎっくり腰は、ある日突然来ますが、そうなるにはその種が随分前から出来上がっているものですよ

痛いので寝たきりで過ごすほうが、日常生活に戻る期間は長くなるという調査結果もありますので、しっかり調整して早く回復しましょう!