腰、ひざ、肩、首の慢性痛が手術なしで治るトリガーポイントほぐし

腰、ひざ、肩、首の慢性痛が手術なしで治るトリガーポイントほぐし  著者 加茂整形外科医院長 加茂淳

 腰、ひざ、肩、首の慢性痛が手術なしで治るトリガーポイントほぐし

椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症と診断されたうえに、手術をしても治らないというケースは数多く見られ、著者はそんな痛みのほとんどは、筋肉の硬縮と脳へのストレスが原因の筋痛症であるとされ、これを治すには、筋肉のこりをほぐすこと。

そこで、筋肉が硬縮した場所であるトリガーポイントの多発部位や、自分でできるトリガーポイントほぐしなどの方法を紹介。

  • 第1章:間違った診断が患者を苦しめる
  • 第2章:痛みを感じるのは神経ではなく脳
  • 第3章:ほとんどは筋肉が原因
  • 第4章:自分でできるトリガーポイントほぐし
  • 第5章:画期的治療法「トリガーポイント療法」

ちょっとした動作一つでみるみる消え去る。慢性痛のほとんどは、筋肉のスパズムとストレスが原因。手術しなくても、筋肉のしこりをほぐせば治る!
当院でもよくお話しするトリガーポイント(痛みの引き金)。慢性的な痛みでお悩みの方へ、解決の一つとなる内容をわかりやすく書かれています、ご一読ください。