年初の雪かきでぎっくり腰に。

遅くなりましたが今年最初のブログとなりました、皆様今年もよろしくお願いします。

年明けに実家に戻られた時、雪かきをしようとスコップを入れた瞬間にギクとなり、そのまま痛みが。

数日シップで過ごされ、3日の日にメールをいただきました。当院は5日から開院でしたが、緊急ということで4日朝にみさせていただきました。

ぎっくり腰の要因はいくつかありますが、ほとんどの場合骨の歪みではありません。余程きつく捻じってとか、何かにぶつかったとかでない限り、そうそう歪みが原因になりません。

そして、ぎっくり腰は急に起こるように思われますが、からだに積もり積もった要因があります。

この方も、以前は慢性的な腰痛で来られていましたが、今回久方ぶりに腰の痛みです。

みさせていただくと、歪みというより、やはり骨盤の関節(仙腸関節)の不具合とその周りの筋肉群の硬化、大腰筋に問題があり、それまでの蓄積があると思われました。

一通りを終え、動かしてもらうと随分楽な感じと言われました。

2日後もう一度みさせていただくと、あの後随分楽になって、今回の調整を終えるとさらに楽になったと言われました。

もうこれで大丈夫でしょうと今回は終了です。

ぎっくり腰は激痛です、それは痛んでいる組織の炎症が酷いからです。でも、周りの筋肉群や仙腸関節などの動きがスムーズになれば受傷箇所の負担が減り、動きが楽になります。そうすると、早期に炎症もおさまってきますので、痛みも早くなくなります。湿布して、安静にして寝たきりで過ごされず整体をご利用ください。