足の付け根の痛み(鼠蹊部辺り)、腰がだるい

足の付け根の痛みと腰がだるく、右足の付け根は10年前くらいから調子悪い感じがあった。40代 女性

左右の足の付け根に痛みを感じ、特に右足が酷く、長時座って立ち上がり時、歩き始めに痛む。自転車で骨盤が上下に動く時痛むと言われました。

からだ全体をチェックすると、腰・背中・肩全体的にとても筋肉が硬くこっている状態でした。
足の付け根が痛いと言われ、その原因の多くである大腰筋もかなりの硬さです、押圧するとかなり痛みを感じられました。
ここがすべての根源だと思われ、腰のだるさの元もここからです。

大腰筋が上手く機能しないと骨盤の動きや腰、足、背中、肩甲骨、首、すべてに影響します。

初回、丹念に大腰筋を調整し、骨盤の動きを良くし、全体的なこりを整えました。

2回目(3日後)、不意の動作時(痛いのでいつもは用心して動いていた)の痛みが無い時があり、付け根の痛みはましな感じ。

3回目(8日後)、普段の時に足の付け根の痛みは感じない。立っている時、座っているのが長くなると腰の痛みを感じるが全体的に随分楽な感じ。

大きな痛みとして感じられていた足の付け根の痛みは早期にやわらぎましたが、全体的に筋肉の硬さがあり痛みの元になるポイントも出来上がっているので、足の付け根のセルフケアもお伝えし、全体的なからだの柔軟性を取り戻して行きましょうとお話しました。

いつも来られる方に言うのですが、足の付け根が痛いので強く揉んだり、ぐりぐりとされると痛みがましになるどころか過刺激により痛みが取り難くなります、ご注意ください!