左股関節の痛み

高校の時よりサッカーをしていると左股関節に少し痛みを感じでいた。2週間前からジムで運動し始めると痛みが強くなった。20代 男性

このような訴えも少なくないですね。以前から痛みを感じていたが酷くなく、忘れている時もあるのでそのままにされ、ある動作によりそれから痛みが強くなった。この方もそのような状態でした。

痛みの原因を確認すると、股関節痛によく見られる大腰筋、鼠蹊靭帯に問題がありました。
変形性と言われても多くは痛みの原因が筋肉などの組織で、痛みが軽減される事実を知っていただきたいですね。

一通り調整し、からだの歪みもあるので整えました。

動作により痛みの確認をしてもらいましたが、痛みがないとのことでした。

2回目(1週間後)、痛みはほとんどなく、少し残る程度。股関節の痛みはこれでなくなると思われましたがからだの歪みの調整にはやはり3~4回必要になりますで、もう一度来週の調整を予約されました。

3回目(1週間後)、股関節は問題なし。からだの歪みもだいぶ整った状態です。一旦終了とし、あとはいい状態をキープ、予防の為の定期的な調整をおススメしました。

「こんなことなら高校の時にみてもらっていたら」と言われました。少しの痛みを数年抱えて、この程度なら仕方ないように思われ、何かの拍子に痛みが酷くなって対処される事少なくないのではないでしょうか。
痛みが酷くないとそのうち良くなるとそのままにされ、状態が複雑になる場合もあります。

この方は、年齢的にも若く筋肉などの組織に柔軟性があり、あまり他に影響が出ていませんでしたので、初回で痛みはほとんどなくなられましたが、何年も経過されているとからだは痛みを出さない為にいろいろな所でカバーし影響を与え簡単ではなくなります。

痛みはからだのサインです、サインを放置されないでください!