靴下を履くときに電気が走った。

殿部からふくらはぎ外側にしびれ感があり、靴下を履こうとしたら電気が走り動けなくなった。30代 男性

1か月前から殿部、ふくらはぎにかけしびれ感があり、2日前、靴下を履こうとしたら電気が走り、痛みで動けなくなり、歩くのも恐る恐るで特に足を上げることができないと来られました。お医者さんでは、軽いヘルニアと言われ薬を処方されたそうです。

硬い所に座ると、坐骨辺りも痛くなり、動作を確認すると特に前屈が痛くてできない状態でした。

問題箇所を探ると、特に骨盤の関節=仙腸関節と、モモ裏にかなりな程度の硬結があり、この辺りが足を上げられない、しびれなどの原因と判断し調整しました。

2回目(4日後)、痛みは激減し、痛み止めを飲まなくて良くなった。歩くと足が伸びない、伸ばすと痛む。でも、30分程歩けた。足首辺りのしびれ感ある。

3回目(6日後)、だいぶ足が上がるようになり、足のしびれ感も僅かに残る程度。坐骨辺りもしこりが少しある程度。一通り調整後は、前屈もかなりできるようになられました。

来られた際は、かなりな重症度合いでしたが、からだの反応も良く、順調に回復されました。元々からだも硬く、筋肉が硬化しやすいので、テニスボールでの自己ケア法もお伝えし、再発予防をされるようおススメしました。

薬やシップ、牽引で様子見ましょうと言われたなど、真のヘルニアなどの急性期は、病院を受診されることをおススメしますが、仙腸関節や筋肉のトリガーポイントからくる激痛、しびれは的確に原因を取られられると取り去ることができます。

もちろん、その方の状態により回復度合いは一概に言えませんが、多くは4~8回ぐらいで大部分楽になっていただけることが多いです。

ヘルニアや狭窄症と診断されても、真のヘルニアや狭窄症なのかどうかによりますよ