足の付け根の痛み、腰痛。

足の付け根の痛み、腰がだるい。40代 女性

足の付け根は10年前位から調子悪く、右足の方が痛みが酷く、足を踏み出す時に痛い。長時間座っている、歩き出すなどの時に腰が痛い。

まずはからだ全体をチェックすると、左右の腰骨周辺、骨盤、右臀部に問題箇所があり、そして、右大腰筋、右鼠蹊部が特に硬化し、足の付け根(股関節)の痛み、腰痛にも繋がっていると思われました。背中、肩も硬い状態でからだ全体が影響している状態です。その辺りを十分に調整し、筋肉にスムーズな動きができるようしました。

2回目(3日後)、付け根の痛みはましな感じ、ふとした動作で痛みが出なかった。腰全体に痛怠さがある。

3回目(8日後)、普段の時に足の付け根の痛みはない。骨盤が動くと腰が痛く、立っている、前かがみに痛みがある。

施術の始めにしていただく動作による検査では、痛みの出る動作が少なくなり、主訴である足の付け根の痛みはなくなりました。この方は、腰や肩にも問題がありますので続けてからだ全体のケアしていきましょうとお話しました。

足の付け根の痛み、股関節痛も、やはり、大腰筋や大腿筋膜長筋、鼠蹊靭帯、内転筋などからの問題が多く、股関節自体の問題ではなく、硬化した筋肉群を整えると痛みはなくなります。通常4~6回程度で整ってきます。
(当然その方の日常生活習慣、長期間による慢性化により状態は異なります)