片頭痛、全身倦怠感、腰痛。

1週間前から腰にビンと響く痛みが出てきた。片頭痛、全身倦怠感があるとご紹介で来院。
3~4年前にも腰が悪くなり、神経ブロックをされたそうで、マッサージや整体にも通われた。50代 女性

まずはからだ全体をチェックすると、両ふくらはぎの押圧痛(※腰の痛みに繋がります)、骨盤の関節(仙腸関節)の不具合、腸腰筋の硬さがありました。上半身は、背中から後頭部にかけ、凝り固まっている状態で、筋硬結があります。これだけ硬さがあると頭痛、倦怠感を感じられるのも不思議はないと思われました。

初回、特に骨盤・仙腸関節の不具合、背中、後頭部の筋硬結を整えるようにしました。

2回目(3日後)、腰のビンと響く痛みがなくなった。頭痛もましな感じ、寝つきが良くなった。前回より姿勢に気を付けるようにしている。

3回目(12日後)、腰痛なし、背中は鈍痛。頭痛おさまっている。箇所々の押圧痛はまだある状態ですが、痛みの度合が小さくなっている。

4回目(2週間後)、腰痛なし、頭痛も雨の前になると出ていたのが出なくなった。箇所々の押圧痛も気持ちいい程度になった。

以後、再発予防の為月に1度のペースで調整に来られています。

この方は、結構な硬さがありましたが、からだの反応もよく、早期に回復されました。頭痛と倦怠感がコリから来ているのがご自身では繋がっておらず、頭痛の時は薬で対処されていました。
このような方は多いのではないでしょうか?
コリから頭痛が来ることは知っていても自身の場合は違うと思われている。
背中や後頭部(後頭下筋群)が硬く、筋硬結が出来上がっていると全身の倦怠感にも繋がります

以前は凝っていたが最近は凝らなくなった、でも、頭痛や疲労感、倦怠感が増してきたという方要注意ですよ!
凝らなくなったのではなく硬くなりすぎてわからなくなっているんです

通常、4回~8回程度で症状は落ち着かれて行きますが、生活習慣やお仕事の姿勢などで薄皮がはがれるように回復される場合もあります。