頸椎症。左首から肩にかけ痛む。

1ヶ月半前から、左首から肩にかけて痛みが酷くなった。40代 女性
5年前に整形外科では、頸椎5番と6番が狭くなっていると言われ、頸椎症と診断。牽引を週三回しているが状態が変わらず、ご紹介で来院。

初回、まずはからだ全体をチェック。全体的に身体が硬く、首は左に向ける、ねじる、後ろに倒すことがほぼ痛みでできない状態でした。左右とも首、肩をふれると筋肉の硬結も相当なものでした。腰は言われませんでしたが、腰からの影響もあると思われました。

からだ全体を整え、首、肩の筋硬結を解くよう調整。後頭部のしこりも大きく、頭痛、めまいの種になりそうな状態でした。

2回目(4日後)、痛みは変わらない。右の方も痛みを感じる。元々右の方が痛かったそうで、お仕事上パソコンで集中する事が多かった。

3回目(4日後)、前回後は楽だったが次の日から痛みが出て来た、寝起きが一番きつい。腰も痛くなってきた。やはり腰の問題もあり。首周辺、肩口、肩甲骨内縁、脇、肘、前腕、指も調整。筋硬結が酷く、なかなか緩まない状態から少し緩む状態も早くなり、術後は首の可動範囲も広がり、痛みが少なくなっていました。

4回目(5日後)、寝起きは動かすと痛むが、日常生活で痛みはあまり出なくった。多くの箇所に問題がありましたが、問題箇所も限定されてきてました。首の可動範囲もほぼ正常な状態に。

5回目(5日後)、寝起きは痛みがあるが、だいぶ動くようになった。日常では困らない。

6回目(7日後)、運動もしたが大丈夫だった。

元々長年に渡る筋肉の硬さがあり、筋肉の硬結も酷く、当初は緩まるのもなかなかで戻りもきつかったですが、その後は順調に回復されました。

頸椎症と診断され、骨の間が狭くなっているから痛いといわれる方も多いと思います。
でも、この方のように筋肉が硬くかたまり、痛みの元になるトリガーポイントが出来上がり首が痛かったり、人によっては、腕や手がしびれたりします。
それを骨の問題とし牽引を続けても回復しません
しっかり痛みの元である筋肉にアプローチし早く回復していただきたいと思います。