「今どきの養生訓」、絶対安静は体に毒?

昨日の京都新聞で参考になる掲載が有りましたので、別添の新聞をご一読ください。

養生

「今どきの養生訓」、絶対安静は体に毒?

病気になったら絶対安静は昔の話で、むしろ、積極的に体を動かした方が病気も障害も早く治ると書かれています

この中で腰や膝に問題がある時が書かれていて、この様な話は当院に来られる方々にもよくしていますが、女性の更年期障害で、最も効果的で安全な治療法は薬を飲むことではなく、やはり運動ということが研究で分かっているそうです。

人の体は動かしてこそ健康が保たれる。

これは、長年診療に当たってきた実感と書かれています。

アスリート並みに酷使すると問題も出て来くる場合もありますが、適度な運動を心掛けることはやはり大切ですね。

動かしているつもりでも、可動範囲の小さな中で動かしていたり、疲れているのは体ではなく脳の方だったり。

こんな場合は運動しても良いのか?しない方がいいのか?わからない場合もあると思います。

そんな時はお気軽にお尋ねください(*^^*)