右腕つけ根の痛み・首のこり

首こりも酷く前から右に振り向くことが出来ず、数日前から右つけ根の痛みが酷くなったと紹介で来られました。50代 女性

40代の頃に頸肩腕症候群といわれたそうで、まずはからだ全体のチェックをすると、全体的に筋肉が硬化している状態で、痛みを感じられる首筋、右脇つけ根も痛みの元である筋硬結がいくつもありました。

特にからだの問題に影響するふくらはぎ、腰も硬いので整え、主訴である右脇つけ根、首を整えました。
からだ全体の調整をしないとすぐに再発することになります。

これだけ硬化の酷い方の場合、少しずつ変化される場合と劇的に変化される場合がありますが、
この方は前者の方でした。

4回目(週1回のペース)辺りまでは、少しずつの変化で、でも全体的には楽と感じられていました。

5回目(1週間後)、右に振り向くのは随分できるようになり、右腕の痛みもほとんどなくなり、張った感じに。

6回目(1週間後)、頭痛もよくあったのが回数が減ってきたと言われました。

7回目(2週間後)、からだ全体的に楽な感じ、右肩の重さがあるが前に比べると随分ましな状態。

8回目(3週間後)、以前のような辛さはない。

ここで状態が落ちついてきましたので、以後は再発予防として定期的に月に1度のペースで来られ、その都度からだが良い状態になって行くのを感じてもらっています。

からだ全体が硬化しているとあちこちの不調を抱えていらっしゃることが少なくないですね

この方も、言われたのは右脇つけ根の痛みと首こりでしたが、長年の腰痛や頭痛等様々な不定愁訴をお持ちで、頭痛は薬で対処されていました

筋肉の状態が変わると腰痛はもちろん、頭痛や様々な不定愁訴も回復されることが少なくありません。

年だからとかこの痛みは付き合っていかなくてはならないとか、あきらめるのは早いかも知れませんよ!