椎間板ヘルニアで足が痛い。

椎間板ヘルニアと診断され、右臀部から足に痛みとしびれ。50代 女性

十数年前から腰痛があり、昨年に腰から臀部、足にかけ痛みが酷くなり、整形外科で椎間板ヘルニアと診断され、ブロック注射や薬を処方され6か月ほどかかりだんだんましになった。しかし、また同じように痛みが出て来てとご紹介で来られました。

まずはからだ全体をチェック。動作で臀部、足に痛みが酷く出る状態でした。あおむけに寝てもらうと痛みで足が伸ばせない状態です。からだ全体硬く、力が抜けない感じでした。

原因箇所を探ると右腰、臀部、もも裏、ふくらはぎに原因となる硬結があり、そして、腰痛の大きな元となる腸腰筋も押圧するとけっこうな痛みを感じられました

やはり、この辺りが腰、臀部、足の痛みやしびれの原因と思われ調整しました。

2回目(4日後)、痛みがましで足をのばして寝られるようになった。

3回目(1週間後)、普段ほとんど痛みを感じなくなった。臀部と足にが少し痛みがある。押圧すると臀部、もも裏にまだ強い痛みがありますので、この痛みがなくならないといけないとお伝えしました。

4回目(9日後)、普段痛みはないが、臀部からふくらはぎ、足首にピリピリ感と痛みが出る。

5回目(1週間後)、足首辺りがたまに痛くなる。

6回目(1週間後)、痛みはほとんどなく過ごせている。この頃になると当初押圧して痛みがあった所はほんの少し感じられる程度にまで回復されていました。

その後、徐々に間隔を開けられ、1月に1回良い状態の継続、再発予防に来られています。

当初整形での6か月は痛みで泣いて暮らしていて、また同じ様になるのかと不安のまま来られましたが、痛みは2回程度で激変し、その後順調に回復され、ご本人も驚かれていました。原因をしっかり捉えられれば痛みやしびれが激変することは少なくありません。

痛みやしびれがヘルニアや神経痛と診断され、状態が芳しくない方、痛みの原因が違うかも知れませんよ!

多くは筋肉の硬結が原因、原因を捉え早期に回復しましょう。