腰痛(臀部の痛み)、肩こり、全身疲労感。

数か月前から腰痛(臀部のくぼみが痛む)、整形外科を受診、腰椎4番と5番が少し狭く背骨の曲りを指摘され、痛み止めと血流を良くする薬を処方されたがよくならないと来られました。30代 女性

まずは、からだ全体のチェック。動作ではきつく痛みが出ませんが、左の方が動きにくく、痛みが出るようです。痛みを感じておられる、臀部を押圧すると筋硬結があり、痛みがやはりあります。骨盤の歪み、股関節、下肢の歪みもあります。この辺りが臀部筋に影響すると思われ、臀筋群の調整を主に、股関節、下肢の状態を整え背骨、背中、肩甲骨周りも整えました。

2回目(5日後)、少しましな感じ。やはり左の方がきつい。でも、大きく痛みむことはなかった。前回から薬は飲んでいない。

3回目(1週間後)、4割ぐらい痛みがおさまってきている。腰回りのこわばり感がましに。

4回目(1週間後)、痛みが気にならない程度になってきた。肩こり、だるさも前よりましな感じ。

痛みの感覚が気にならない程度になったので、少し間隔を開けていただきました。

5回目(2週間後)、だいぶ良い感じで過ごせた。

6回目(3週間後)、たまに痛みが出るがきつくない。痛みが出る頻度も低い。

7回目(3週間後)、痛みは軽度なのがちょこちょこ出る程度。肩こり最近は感じなくなった。

全体として良い状態で痛みとして生活習慣での姿勢により筋肉が硬くなると軽度の痛みが出たりしますが、以後は再発予防と良い状態の継続の為、1か月に1回程度来られています。

この方のように、腰や臀部に痛みがあると骨が狭くなっているとか言われ、薬、シップで様子見、状態が好転しない方多いですね。
筋硬結(トリガーポイント)がどれほど痛みに関わっているか、
このことをないがしろにされ、骨の狭まり、狭窄、すべり、分離等が原因と言われよくならないと痛みの難民になられている方少なくないと思います。
しっかり本当の痛みの原因に対処し、早期に回復しましょう!