寝違いがずっと続く、首の痛み。肩こり、頭痛。

寝違いがずっと続き、首が痛く、重度の肩こり。頭痛も時々あり、腰、股関節も痛む。40代 女性

美容師さんで肩こり、首こりで時々マッサージを受けていた。首の痛みが酷く、先日接骨院できつく揉まれ、揉み返しから?熱が出たので揉むのは良くないと思われ来られました。

腕を使われるお仕事の方は、腕から首こり、肩こりを引き起こしていて、前腕、肘周辺、肩、脇、肩甲骨周りが硬くなられているのが多いですね。この方も相当なこりで、あちこちに筋硬結が出来ていました。

この状態を硬いからと力任せに揉み込んでも、特に女性にはきつく、きつ過ぎればこの方のように組織の損傷が酷く発熱されることが稀にあります

初回、首回り、肩、肩甲骨周り、腕を入念に整えました。反り腰で腰痛、股関節痛、丸背にも関わる大腰筋にも痛みを感じられるので整えました。

2回目(4日後)、前回後首が楽だった、寝違え感もなく、今日ぐらいから少しこってる感が出てきた。姿勢が良くなった感じがする。

3回目(5日後)、以前から比べると、首、肩周りが明らかにましな感じ。仕事が忙しくなると首、腰にだるさが出てくる。頭痛も出ていない。

4回目(1週間後)、全体的にはましだが、忙しく疲れてくると肩こり、腰だるさが出てくる。

5回目(4日後)、肩こり感が強くなったきたのでと来られました。腰はましな感じ。

まだ筋硬結がありますが、全体的には当初に比べ、随分楽な感じと自覚され、強く揉んだり等がないので楽に受けられ、その身体の変化に驚かれていました。

どうしてもお仕事柄こり易くなりますので、セルフケアの方法をお伝えし、定期的なケアの必要性も認識されました。

手を良く使われる方は、首こり、肩こりが多いと思われますが、肩をいくら揉んでも一時的にしか楽になりません。根本的な解決には、腕、肩、脇、肩甲骨、大腰筋の調整が必要です

力ずくで揉むことの弊害はこちらをご一読ください⇒肩こりは揉むと酷くなる。