右肩の痛み、腰痛、左足の踵が痛い。

5年前位から右肩が痛く、慢性的腰痛と足のだるさ。左足の踵がランニングする時特に痛い。40代 男性

肩は他の治療院で、肩甲骨が硬く背中にくっついていると言われたそうです。

まずは、一通り身体全体のチェック。確かに、肩甲骨回りの筋肉群が硬く、腕を横から挙げたり、服を着る動作の時、痛みが出るようでした。骨盤の関節回りも硬く、これが腰痛の原因と思われ、左足の踵は、趣味でされているマラソンの時だんだん痛みが強くなるようで、踵近くを押圧すると痛みを感じられました。

初回原因箇所を整え、2回目(4日後)、前回の後、眠気、だるさが翌日まで続いた。腰、踵は普段出ていない。

3回目(6日後)、肩の痛みは、半分近くまで痛みが減っている。腰、痛み出ていない。足のだるさが無くなっている。踵、朝起きがけが痛い。

4回目(2週間後)、肩は服を着る動作でたまに出る程度。足が軽くなったのが一番と喜ばれていました。

5回目(9日後)、肩は、ピーク時の2割程度。腰の痛みが出て来た。踵はましな感じ。

6回目(6日後)、腰は3日程痛く、その後ましになって来た。

7回目(8日後)、肩の痛みは感じなくなって来ている。腰の痛みもその後出ず、踵は、ランニングしても今までのように痛みが出ていない。

8回目(2週間後)、痛みは出るが長く続くことがない。

以後は、2週間に一度のペースで予防に来られています。諦められていた踵の痛みも取れ、とても喜ばれていました。

この方のように肩甲骨回りが硬く、背中にくっついているような方も少なくありませんね。そのせいで肩や背中の痛みやしびれなどを訴えられます。問題となる筋硬結を取り除かないといけません。筋硬結を取り除いてからストレッチや体操すれば良い状態が持続しますし、筋硬結が取れていないとストレッチや体操ではなかなか痛みやしびれがなくならないですね。