寝違い、痛い所が悪い?

定期的に来られている方で、育児やお仕事により腕から肩、首のこりが酷くなり、左側が痛く左に向くことが出来ないと来院。30代 女性

寝違いの場合、首筋や肩口、肩甲骨の周辺に痛みを感じられますが、痛みが酷いと揉んだり叩いたりしてもあまりよくならないことも多いと思われます。
きつくする事により、その時はましになったように感じられますが、その後さらに痛みが強くなったりします。それは痛んでいる筋肉をさらに傷つけたからです。

そして、痛みを感じられる所とその痛みの本当の原因箇所が違うことも少なくなく、この方の場合は、手首から腕も相当硬くなられていて肩から肩甲骨を引っ張り、脇に問題箇所が出来上がっていました。

手首から腕を緩め、脇を調整すると左に向けなかったのがかなりスムーズに動かされるようになりました。

筋肉の硬くなった度合いと損傷程度により痛みが数日続くことがありますが、通常寝違いは一通り調整すると稼働域が広がり早期回復されます。

そのうちましになるだろうと数日我慢せず、また繰り返さないためにもしっかりケアされることをお薦めします。