仕事でひねって、ぎっくり腰。

2日前に仕事で腰をひねって痛みが酷く、今日は仕事を休んで来られました。20代 男性
痛みが出てからどこに行こうかと思われていたそうで、ご紹介で来られました。

まずは、あまり腰を動かすことができませんが、どの方向で痛みが増すかを確認。
ぎっくり腰の場合、どの方向でも痛みが酷くはっきりしない場合もありますが、この方は、からだを伸ばす(反る)動作が痛く、右側の方が痛みを強く感じられていました。

右側の骨盤から起立筋群と調整し、その都度、動作確認。その都度、痛みが軽減し、一通り終わると随分動かす動作で痛みがなくなりました。

「こんなに痛みが引くなんて・・」とおっしゃっていました。

通常、筋肉等に損傷があるので2、3日は痛みがあります(もちろん損傷の程度にもよりますが)が、通常の生活をしていただけば痛みもなくなりますとお話ししました。

ぎっくり腰は、その後寝て過ごした方が普通に過ごすより予後はよくないと統計的に出ていますので、もちろん無理する必要はありませんが寝たきりにならずに過ごしましょう。

そして、ぎっくり腰は突然起こったように思われますが、この方のようにキツイ瞬間的な動作で起こった場合より、
ほんの少しの動作、例えば、朝の洗顔で頭を下げたとか、くしゃみをしてとか、足を少し踏み外したとか、些細な動作で起こった方が、
それまでにからだに蓄積された筋硬結等があり、からだのあちこちに痛みの元が出来上がっている事が多いんです。
そんな場合はその辺りもしっかり整えないと再発を繰り返すことになりますよ。