へルニアによる激しい腰痛と足のしびれ。

激しい腰痛と足のしびれ。身体を前に曲げる動作がほとんど出来ない方が来られました。50代 男性

病院に行かれ、診断は椎間板ヘルニア
MRIの画像で、はっきりとヘルニアが飛び出していたそうです。
処方は痛み止めの薬、しばらく様子を見ましょうと言われたそうで、多くの場合、病院ではこの様な対処法だと思われます。

少しでも早く楽になりたいと来られたのですが、立っている方がましで座ると足のしびれが酷くなり少しの間も座っていられない状態でした。
長年整体をさせていただいていますが、ここまでの状態はそうそうないですね。

身体全体を見させていただくとあちこちがガチガチに硬い状態でした。
1番の元は腰ではあるのですが、あちこちの硬さをとることで要の腰を緩めることも必要です

まずは、ふくらはぎと肩を緩めました。そうすると出来なかった前屈が少しずつできるように。

でも、もどりも早く、次は臀筋を緩め、そして、腰。

このような施術を週1,2回、1ヶ月半ほどした頃にだんだんと押すと痛みが出ていたのが無くなる部分が出て来て、痛みやしびれがましな状態が持続されイスに少しずつ座れるようになって来られました。

そして、残る問題箇所がはっきりとしてきます。
その箇所をしっかり調整しました。

このような方の場合、骨格矯正のようなやり方ではすぐに戻り、なかなか無理だと思われます。
させていただいたのは、やはり、筋肉や筋膜の調整です。
特にマッサージのような揉む等でなく、持続圧の繰り返しや押さえながら動かすです。
ご本人にもセルフケアをお伝えしながら、ご自身でも早く良くなりたいと続けられました。

3ヶ月ほどした頃には、日常に支障が無く、イスにも座れるようになられました。

当初は、激しい痛みやしびれからいつまでこんな状態が続くのかと不安も一杯だったようですが、だんだん回復され、ゴールが見えてくると笑顔が多くなられるのを見るとこちらもとても嬉しかったです。

そして、今回のことで、「からだは本当にいろんな所が繋がっているんですね」と言われていました。