症状が無くなるともう終わり?

 

当院はもちろんこりや痛み、しびれ等様々な症状で来られるのですが、
特に痛み等が無くなっても体調管理としてメンテナンスで来られる方も多いです。

その時点では自覚される痛みやこりなど無くても、
整体する前に、身体の歪みやそれに伴う圧痛を確認すると気がつかれる事が多く、
「そんな所が痛かったんですね」とか、
「やっぱりこってますね」とか、
もちろん、施術終了後はスッキリ。

特に自覚される症状が無かった方の術後の感想は、
「身体が軽い!」。
軽くなって初めて、術前の重さに気がつかれます。

その方その方の日常の動作習慣があり、気づかれないうちに身体のバランスが崩れてしまいます。
状態が進んでしまうと一度では整えるのが難しいことになってしまいます。
身体が軽くなる感覚を感じられる程度でメンテナンスされることがやはり望ましいと思います。

症状が回復され早くメンテナンスの施術になられるよう、全力でお手伝いさせていただくのが私の使命です。
痛みやこり、身体の不調から整った身体に、そして、体調維持・管理へ。
何でも気軽にご相談いただける整体家を目指して、今年もよりよい情報を発信して行きたく思いますので、どうぞよろしくお願いいたします!

 

 

右側の腰から膝にかけて痛い。

1ヶ月ぐらい前から少しずつ右側の腰から膝にかけ痛く、起き上がりや歩行も少し困難。80代 女性

お医者さんでは、痛み止めと湿布を処方、あまり効かずご紹介で来られました。動かれる動作の度お辛い様子で、起きがけは壁伝いでないと動けないとのことでした。長年の腰痛もあるとのこと。

痛みの原因をチェックすると、右骨盤の関節(仙腸関節)近くと臀筋群に筋硬結があり、押すとかなりの痛みを感じられます。

初回その辺りを調整、

2回目(5日後)、起き上がりがましになった。鼠径部から膝にかけ痛みがある。

3回目(1週間後)、だいぶ楽な感じ、朝の洗顔時に力を入れても楽だった。

4回目(1週間後)、起きがけにほんの少し感じるが、歩く時の歩幅が大きく歩けるようになった。左臀部にけだるさが出て来た。

この左側は右側をかばった代償と思われ、右側の痛みがきつく左側は感じてられなかったようです。

5回目(1週間後)、右側は調子良く、重い物も持っても大丈夫。左側は怠痛い。

6回目(1週間後)、左側がまだ少し。この頃には、ベットから移動される動作などとてもスムーズになられていました。

7回目(1週間後)、よく動いたので右側に少し違和感がある、左側は掃除機をかける時や洗顔時まだ少し辛い。

8回目(1週間後)左側も楽になった。

 

当初の痛みがあった右側は4回ほどでましになられ、その代償が左側にあり一通り良い状態になられるのに少しかかりましたが、あれだけ動くのが大変だったのにと喜んでいただきました。

腰から足にかけ、痛みやしびれでお悩みの方、湿布や牽引、薬でよくならない場合は、原因にアプローチ出来ていません、このような方少なくありませんね。早く原因にアプローチしましょう!

 

咳をしたタイミングで腰が痛くなった。ぎっくり腰。

3日前に食事中咳をしたら腰に痛みが出た。30代 男性

以前にもぎっくり腰のようなのがあり、その時は2、3ヶ月かかったそうです。痛みは、腰全体に感じられていましたが、問題箇所をチェックすると右腰の上部と右骨盤の関節(仙腸関節)、右殿筋群に原因がありました。

ぎっくり腰など痛みの強い時は、よく腰全体に痛みを感じられますが原因が右や左と特定されることが多いです。

初回そのあたりを調整し、

2回目(1週間後)、痛みの程度はだいぶ減っているようで、少し右側に痛みがある。前傾姿勢がしっかり曲げられない。

3回目(4日後)、かなり深く前傾にすると少し痛むが前ほどではない。

 

通常ぎっくり腰などの急性の痛みは、何かの拍子(動作の瞬間)により起こり、筋肉や筋膜が炎症しますので2、3日は激痛がしたりします、酷いと一週間程度も。

しかし、炎症がさほどでもないなら、身体の調整により患部の回復が早まり炎症も速やかに治まると2、3日で通常の日常生活は出来るようになります。

この方も、激しい痛みは初回調整後かなり減り、その後は再発防止の為、身体の問題箇所を整えさせていただき終了となりました。

痛みがなくなったから治ったと思われても、原因を残したままでは慢性的腰痛になったり、ぎっくり腰を繰り返すことになりますのでしっかり身体を整えましょう。

 

 

左足付け根が痛む 股関節痛/坐骨神経痛?

1年半前から左足付け根が痛む 40代 男性

ゴルフの無理な練習が影響するのか、左足付け根外側辺りからお尻の辺りが痛く、鍼灸院やマッサージにも行ったけれどよくならなかったと来られました。

問題箇所はどこかと股関節周辺、臀部を触診してみると言われている辺りに筋硬結を確認しました。特に、左足付け根外側は痛みの強い筋硬結があり、このポイントが腰を動かすと痛みが出る原因です。

その辺りを丁寧に調整し筋硬結が緩んだのを確認し動作をしてもらうと、痛みがなくなりました。

今まであまり変化がなかったのでご本人は驚かれていましたが、原因をとらえられ、しっかり調整できれば痛みが劇的に変わります。原因にアプローチ出来ていなかったり、筋硬結を緩めきれてなかったりすると痛みを取り切れません

但し、長期間で出来上がった筋硬結はまた硬くなりやすいので、この後もしっかりケアされることをお薦めしました。

 

 

半年前から肩こりがひどくなり、最近は頭痛もする。

肩こりは昔からあったがひどくなってきて、最近は頭痛にも悩まされ、家族に揉んでもらったりしていたが良くならず、ご紹介で来院。40代男性

特に右側がこり、痛むとのことで、まずは、身体全体のチェック。右側の肩甲骨内縁と肩口、後頭部にトリガーポイントである筋硬結がありました。左も自覚症状はありませんが凝り固まった状態です。

初回その筋硬結を取り除くように調整。

2回目(1週間後)、随分こり感も痛みも楽だった。

「こんなことならもっと早くきとけば良かった」と、言われました。

3回目(1週間後)、頭痛も無く、肩甲骨の痛みも無くなった。肩こり感も以前に比べると随分ましな状態。

ここで少し様子を見てもらい、

4回目(2週間後)、良い状態が続いている。

以後は、予防の為、定期的に来られています。

 

痛みの元であるトリガーポイントがどの箇所からかを見極め対処出来ていなければ、こりや痛みも取り除けません。適切に筋硬結を緩めることが出来れば、あれだけ痛かったのにと言われる痛みも早期に回復されることが少なくありません。

マッサージや電気をあてたり、簡単な矯正等であまり経過が思わしくない場合はご相談下さい。