ぎっくり腰で安静?

2018年3月11日

ぎっくり腰になって安静にしておくようにと言われた方が、1ヶ月近く経っても痛みがおさまらないのでと来られました。

 

朝顔を洗っていて前屈みから顔を上げた瞬間痛みが出たそうです、よくある話ですね。

 

安静と言われ仕事も数日休み、シップを貼ったりしていたそうですが、なかなか痛みが取れなかったので知り合いに聞かれ来られました。

 

ぎっくり腰の予後は、安静にしていた場合とできる限り早期に日常生活に戻る場合とではどちらが早く回復されると思いますか?

 

・・・・答えは・・・ できる限り早期に日常生活に戻る方です。

 

 

この方の場合は骨盤の歪みから、おしりの筋肉に問題がありました。

安静にしていた期間が長かったので余計に筋肉が硬くなって痛みが取れなかったと思われます。

筋肉の調整をし骨盤を整えると2回目ぐらいでかなりな程度痛みはおさまりました。

仕事や日常生活の姿勢でしらないうちに歪んでしまっていたんですね。

この後、骨盤の状態を固定する為にも数回受けられ、今では月に1回程度予防の為来られています。

「もっと早く来ていたら、こんなに長く痛いのをがまんしなくてよかったのに」とおっしゃてました。