背中、腰、足の痛み。腰椎すべり症。

背中、腰、股関節から足の痛みで来院、病院では腰椎すべり症と診断。80代 女性

息子さんがネットで検索され当院に来られました、こういったケースも少ないくないですね、息子さんや娘さんがネットで調べられ来て頂くのも。

動作々により痛みが強く、座薬も利用されている状態でした。マッサージやハリも受けられていたようです。

年齢的なものもあり、からだ全体硬く、特に臀部、鼠蹊部、大腰筋に硬さを感じました。

初回一通り終え、2回目来られた時、もも前面にかなり痛みを感じたと言われました。

年配の方の場合、筋肉の状態がかなり硬くなっていることが多いので、一度に緩めると痛みがきつく出る事があります

できるだけ痛みが出ないように細心の注意を払いながらさせていただくのですが(痛みが出ると悪くなったと思われたり、動きが制限され後退したかのようになりますので)、痛みが出る場合があります。

でもこれは、筋肉の状態が変わる時に出る事なので、しっかり説明をさせていただき、不安を取り除くようにしています。

この方は、説明にも納得していただき、遠方にも関わらず週2日通われ、1か月ほどすると薬なしに過ごせるようになって来られました。

よくなる為ならと、その後も続けられ、3か月ほどすると日常動作では痛みをほとんど気にされることが無くなってきました。

その後は予防を兼ね、2週間に一回くらい来られています。

あのまま痛みで寝たきりになるかと不安もあったそうで、とても喜んでいただきました。

年配の方の場合、すぐに痛みがなくなったり、好転する状態が目に見えない事もありますが(からだがとても硬く、鈍くなっておられる方にも言えます)、からだ全体を整え、筋肉に適切にアプローチできれば快方に向かうと思われます

どうぞ、早期にあきらめないでいただきたいと思います。