骨盤、仙骨左側の痛み。左足外側の違和感。

骨盤、仙骨左側の痛み。左足外側の違和感が2ヶ月前から出てきた。30代 女性

まずは、身体全体のチェック。骨盤の傾きがやや大きく左右の足の差もあります。

左足に体重が乗りやすく、そのため、骨盤、左側仙骨の関節あたりに痛みのもとが出来上がり、骨盤の側面、中小殿筋にも影響し違和感を感じられていることがわかりました。

初回、骨盤の傾きを整え仙骨左側と左中小殿筋にできている、トリガーポイント(筋硬結)を整えました。

2回目(3日後)、骨盤、仙骨左側はましな感じ。足の外側の違和感はある。立っている時より座っていると出てくる。

3回目(4日後)、だいぶ良くなってきた、違和感も感じなくなってきた。

4回目(1週間後)、運動してから仙腸関節(仙骨と骨盤の関節)がギシッとなり痛みが出た。

5回目(1週間後)、足を後ろに上げると痛い、それ以外では出なくなった。

6回目(1週間後)、立ち続けていると腰がだるくなる程度。

状態が落ち着いて来られたので、以後は、予防も兼ね定期的来られています。

この方のように、骨盤、臀部の痛み、足側面の違和感を感じられる方も少なくありません。腰の骨の問題ではなく、仙腸関節付近と中小殿筋のトリガーポイントがみられることが多いですね。

その辺りをしっかり調整し早期回復しましょう!