左足首骨折後、膝の痛みと痺れ、水もたまる、腰痛も。

2020年4月2日

左足首骨折後、膝の痛みと痺れが出て水もたまったりする。腰痛も以前からあるとご紹介で来院されました、70代 女性。

まずは、身体全体のチェック。
左足は全体的に腫れている感じ。
腰全体も随分硬く、立ち座りがつらいとのことでした。

左足首外側から膝辺りまで硬く、左足が上手く機能していません。

そのため、少し歩かれたりすると膝に負荷がかかり過ぎ、水が溜まったりされるのでしょう。

初回、左足首から膝まで硬さを解くよう調整し、腰全体、身体全体を緩めるよう調整しました。

2回目(1週間後)、前回後は少し痛みがあったようでしたが、その後、全体的に楽な感じで、足の親指のしびれも楽で、腫れ感も引いている。

3回目(1週間後)、前回後から膝に痛みがあった、腫れもでてきた。

4回目(8日後)、腫れが引いてきたので、骨の形状がはっきりわかるように出て来た。

5回目(5日後)、身体が軽く、腰が伸びる感じ。膝は時々痛いんだと思うくらいの状態に。

6回目(5日後)、膝は時々痛むが前程でなくなった。

この辺りから全体的なお身体の調整になって来ました。

以後は、その時々の身体の状態から1,2週間に1度調整に来られ、痛みやしびれが酷くならないよう予防されています。

年齢的なものもあり、当初は身体全体が硬く、特に骨折後、動かすと痛いので動かさず膝周辺は硬くなり、いろいろな所に影響が出ていました。

このようなケースも多いと思われます。大事にし過ぎて痛みが取れにくくなっていらっしゃる。

ケガの後などもトリガーポイント(痛みの元である筋硬結)が出来易くなります。

無理やりするのは良くありませんが、ちゃんと見極めトリガーポイントも無くせば、嘘のように痛みがなくなることも少なくありません。

股関節痛

Posted by 院長